ごあいさつ

刹那的な売上の追求よりも
資産となる「メディア運営」を提供します

サンブルク合同会社は2018年の設立以来、一貫してメディア運営を主軸事業として行なってきました。設立当時、フィリピンのGDPが急成長を遂げており、中国を追い越すのではないかと騒がれていました。弊社はその波に少し遅れてフィリピン・セブ島へと拠点を移転しました。クライアント企業からの海外から日本人を正社員として採用すること、或いは、留学生を迎え入れることといった依頼は想像以上に困難を極めるものではありましたが、着実に実績を積み上げ、ROAS900%、CVR30%という類まれな成果を残すことが出来ました。

困難を乗り越えるために弊社が真っ先に手を伸ばし、現在に至るまで固執しているのが「メディア運営」です。

もし弊社がメディア運営による資産形成ではなく、単発的な広告やポータルサイトの利用のみで食いつないでいる業者であったら、今頃倒産していたはずです。新型コロナウイルスの影響で留学事業は出来なくなりましたが、我々にはメディアという資産が残りました。これがあればいつでも、どこからでも、這い上がることが出来ます。

何が起きても変じゃない。そんな時代です。だからこそ、目先の利益よりも資産となるような「メディア運営」をぜひ弊社にお任せください。

和久井港