代表挨拶

こんにちは、和久井港(@misanwakui)です。

今日は私の名前の由来について少しお話させてください。

私の名前は「港」と書いてそのまま「みなと」と読みます。23年の人生の中で自分と同じ名前の人に会ったことは一度もありません。

ただ何度かテレビ越しや人伝いに同じ名前の人がいるということは見たり聞いたりしていました。

私の名前には、ズバリ「港」のような人間になって欲しいとの願いを込められています。

「港」とはどんな存在なのか。

それを考えれば、意味についてはよくわかります。

船や飛行機、人々が目指す場所です。港がなければ彼らはどこへ向かえばいいのか、どこで待ち合わせるのか。何も分かりません。あるいは、港の位置が毎日のように変わってしまっていたら、全ての交通に支障が出ます。

つまり、港がなくなったら困る。あるいは、港がふらふらしていたら困る。

そう思われる人間、あるいは、事実として「港」のような人間になって欲しいとの願いが込められています。

さて、自分は名前通り、誰かにとっての「港」になれているのだろうか。

私は、自分が生きていたことで、自分が何かをしたことで、それが回り回って誰かを幸せにすることができたら、あるいは、それが自分のミッションだと思っています。

私の名前は和久井港です。みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

サンブルク合同会社
代表 和久井港